10月 2019アーカイブ

仮想通貨ビジネスの肝は

仮想通貨ビジネス基本的に売買益を狙うというのがまずは第一にあります。つまりは、儲け方の基本として、安く買って高く売るという方法と高く売って安く買うことがあります。
どんな商売も基本的に同じことが言えるわけですが仮想通貨ビジネスにもこういうことがいえるわけです。
値が上がりそうな仮想通貨を購入しておくとかあるいはが下がりそうな仮想通貨を空売りしておくことによっては後で買い戻すという方法で利益が出せるというわけですがもう一つ方法があります。
それがレンディングです。レーティングというのは保有している仮想通貨を貸し出すという方法です。
株式投資などでもそういう事が出来たりするのですが仮想通貨を貸し出すことによって金利を得るということが出来るわけです。
持っている仮想通貨取引所に一定期間約束して預けることによって預け入れた期間に応じた力を得ることができるようになります。
自分で取引をすることなく仮想通貨の取引所に預けておくだけで増えるということになりますので今後はこれが資産運用の方法として注目されていくことでしょう。
もう一つ仮想通貨ビジネスとして今では日本で行うとかなり厳しいとは言われているのですがマイニングというのがあります。
マイニングとは仮想通貨の新たなブロックを生成していき、その対価として仮想通貨を手にすることができる方法です。
コンピューターが様々なマイニングを行うことによって、仮想通貨投資ビジネスとできるわけですが、コンピュータの電力が物凄くかかることになりますから、日本の電気使用料金では相当に厳しいということがあるでしょう。
ですから、今から日本でマイニングをして仮想通貨ビジネスとする、というのは相当に難しいことがあります。
基本的には仮想通貨で狙うのは売買をしたときの差益になります。ですから、それを基本として考えるようにしましょう。
そして、その上で貸すなどのやり方をして細かく利益を狙っていくという方法があるわけです。
ちなみに投資、ネットビジネス、副業として取引をするのであれば使うということはそんなに多くはないでしょう。
仮想通貨での支払いというのもできるところが増えてきていますから、それも一つの使い方として知っておくとよいでしょう。
しかし、投資、副業としてのアプローチということになりますと差益とか貸し出す事によっての利益を目指すことがとても重要であるといえるでしょう。
そこから検討することです。